このページはHome街の架け橋のページです。

フィード購読
街の架け橋
Home > 『書籍レビュー シリーズ「企画」 第3回:企画の教科書2』

『書籍レビュー シリーズ「企画」 第3回:企画の教科書2』

企画脳の教科書2 07.06.20 NHK出版 おちまさと 著

【はじめに】
今年初めに「企画」について興味をもち、企画のことについて本を読み漁りました。
わたし自身は営業担当で、「企画」とはあまり関係のないポジションなのだとの認識でした。
けれども読んでいくうちに企画と営業は密接に係わっているのではないかと
考えるようになりました。
書籍レビューを通じて共通しているところ、していないところは何か。
営業のノウハウを企画ノウハウに置き換えることができないか。また、
実際の仕事や生活にどのように役立てられるかを考え、実践するべく
『書籍レビュー シリーズ「企画」』を企画いたしました。


シリーズ「企画」 第3回目は、

企画脳の教科書2 07.06.20 NHK出版 おちまさと 著


『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』などの企画構成にたずさわり、
『24人の加藤あい』『藤原紀香の1ボトル』などをプロデュースされている、
「おちまさと」さんの著作を選びました。

書店で、固い内容が多いNHK出版コーナーで、おもしろいイラストの帯が目につき
購入しました。

この著書は「企画脳の教科書」の続編になります。


前回は、企画の骨格から世に問うまでの流れを学びました。
続編は、企画のさらに深いところをまとめておられます。


『企画を火山に例えよう、と。そして、何度も何度も噴火しよう、と。』著者は提案。

何度も何度もということは、1回こっきりで終わりなのではなく、次も求められるということ。

『目指すところは、多くの人に期待されつつ、何度も何度も噴火させることである。』

単発でも大変なところへ連発なんて、とてもとても、しり込みしてしまいます。
しかし、企画とは湧き出るものであり、うっかりと忘れてしまっている記憶を掘り起こして
結合させればよいのだそうです。では、どのように掘り起こせばいいのでしょうか。


まずは、人。とにかく強制的に人に会うこと。相手との会話の中から刺激され
「うっかりと企画」がでてくるかもしれません。
また、相手の世界観に飛びこむことで、より深い刺激を得られ「うっかりと企画」が
誘発させることになるのではないかと。


そして、運。流れのいい運がきているときは、誰かが自分のことを意識してくれている。どのジャンルの人が向いていてくれるのか、感度を鋭くし、さらなる運を引き込む。
また運の流れを大きく感じたときはチャンス。時流というウェーブがきています。
このウェーブに乗ることができれば、時代の寵児になれるかもしれません。


企画発想の手法など読みましたけども、つまるところは『人』なんだなと考えました。


うっかり企画がでてくるのも『人』から刺激を受けたときや相手の世界観が見えたとき。
運を引き込むのも、やはり『人』づて。自分の力以外に、まわりの力も相まって運の流れが
大きくなり、自分のキャパシティーを超えた大きな仕事ができるようになるのではないでしょうか。
さらには時流というウェーブまで巻き起こすことがあるのかもしれません。


この著書からは、

『人に会いまくる、さすれば時代の寵児に。(なれるかも)』

という教訓を学びました。

さ、じゃんじゃん会お。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

20130302-_____________________.jpg

27回


カテゴリー: 書籍 2012-11-02 09:00 投稿者:木本 
Home > 『書籍レビュー シリーズ「企画」 第3回:企画の教科書2』