このページはHome街の架け橋のページです。

フィード購読
街の架け橋

『エクスプレス王子』 3周年記念激励ありがとうございます!

平成22年5月、地味に産声をあげました弊社ニュースレター『エクスプレス王子』。
この4月で丸3年。おかげさまで創刊36号になりました。


日頃お世話になっておりますバス業界のみなさまに、仕入れた情報をうまく伝えられないかなと、
ふと思ったのがきっかけでした。


お客様に直接お会いできたときは、お伝えすることができます。けれども、お会いできなければお伝えすることができません。情報にも旬があり、時間が経つと価値が薄くなってしまいます。


どうしたものかと考えた結果、伝えたい内容を紙ベースで送ることにしました。
これなら伝えたい情報を確実に届けることができ、多くのポジションの方々に
読んでいただけると思ったのです。



問題は、毎月続くかどうか、、、



始めました!と最初は勢いよくスタートしても2ヶ月目、3ヶ月目、、、ずっと続ける自信はありませんでした。
途中でやめると逆効果になるのではと、ビクビクもしていました。


ですから最初は自分の担当エリアのみでこっそりと始めました。
当時は突然送られてきたニュースレターに目を白黒させておられた様子でした。
一回きりのものと思っておられたお客様が大半のようでしたが、


2ヶ月目に届くと『あれ?また、きたよ』


3ヶ月を過ぎると『ん?ひょっとして続けるつもりか』


半年過ぎたくらいには『おいおい、続いとんで、これ』


1年過ぎたくらいからは『毎月来るのをたのしみにしてるよ!』


と、お客様の受け取り方に変化が見られるようになりました。


そのうち、
『こないだの記事の内容をもっと詳しく教えてほしい』とか
『関係者を集めるからみんなの前で話ししてほしい』などと
リクエストをいただくようになってきました。


お客様によっては社内に回覧してくださり、弊社の認知向上に一役担ってくれています。


現在は自分の担当エリアのみではなく、会社全体の取組みとして進めております。
バスのニュースやお客様の取り組みを中心に、全国エリアを対象とした記事構成になっています。


創刊当初からお読みくださっているお客様から
『当時からどんどん変化してるね。変化のぐあいをみるのもたのしみだ。』
という感想をいただくようにもなりました。


継続していることと会社全体の取組みとなったことで、
少しでもお客様のヒントとなる内容にしていきたいと考えています。


3年経ってようやくニュースレターを継続することのコツみたいなものが見えてきました。
機会がありましたらブログに掲載したいと思います。


最後にたくさんの激励の声をいただきました。本当にありがとうございます!
これからもさらに有益な情報を発信してまいります。
おつきあいのほどよろしくお願い申し上げます。

null


本日も最後までお読みくださりありがとうございます。


10回


カテゴリー: 街の風景 2014-06-10 13:01 投稿者:木本 

『中岡慎太郎とゆくバス停の旅』 高知東部交通様

今年初めに高知東部交通様よりバス停留所のご注文をいただきました。

施工は地元業者にて行われ、3月に施工完了し運用が開始されました。

このたび、室戸岬に視察に伺いました。



室戸岬に到着しました。なんと、中岡慎太郎がお出迎え。
坂本龍馬とともに活躍した幕末の志士がバス停の旅を案内してくれました。
null



10回


カテゴリー: 街の風景 2014-06-05 09:53 投稿者:木本 

ハンズ04系統 バスフェス@東急ハンズ新宿店

大変久しぶりの更新となりました。ソフトウェア担当の柿崎です。
今回のGW、前半も後半も晴れたり雨が降ったりと、天気が目まぐるしく変わって
行楽に出掛けられた方には悩ましい連休でしたね。

さて、東急ハンズ新宿店では去る5/1から5/6まで
「バスフェス@東急ハンズ新宿店」が開催されていました。
(このブログを読んでる方で行かれた方はいらっしゃいますか…?)

今回はこの模様をレポートしたいと思います。


10回


カテゴリー: 街の風景 2014-05-08 10:46 投稿者:柿崎 

『たまゆらの街』竹原市町並み保存地区

広島のバス会社様への営業前に少し足をのばして、アニメ『たまゆら』で有名な
竹原市町並み保存地区へ行きました。
東広島市には訪問するものの、隣の竹原市のことはよく知りませんでした。


昨年9月に開催された『ひろしまバスまつり』にて、
『たまゆら』のラッピングバスの展示を見たことが知るきっかけでした。


『たまゆら』のことすら知りませんでしたが、ラッピングバスの雰囲気から一度町並みを
散策してみたいなと思っておりました。


人通りが少ない時間帯ということもありましたが、静寂した街で、気分がとても落ち着く、
心地よい町並みでした。


小高い丘に建つお寺からの町並みの風景は、昔見た記憶があるようなないような。。。
名産の竹細工をアクセントとした家屋には、古くから紡がれた伝統を感じます。


町並み保存地区の入り口
アニメ『たまゆら』のお出迎え。
null



9回


カテゴリー: 街の風景 2014-01-24 15:07 投稿者:木本 

『今年もエベッさん』

今年もいってきましたエベッさん。


1月10日の本戎にお参りしました。やっぱりものすごい人だかり。


日本中の景気が集まってきているようでした。


今回もお気に入りの巫女さんに“福”をつけてもらいました。


営業所に飾っております。


これで今年一年よい景気が訪れそうです。


本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

null

null

null

null

8回


カテゴリー: 街の風景 2014-01-22 16:02 投稿者:木本 

燕岳~表銀座~大天井岳 写真集

今年も、山好きのお客さまに貴重な有給休暇を取得させられ、
北アルプスの燕岳~表銀座~大天井岳へいくことに。


三日目は燕山荘から下山しました。


一日目の模様はこちら


二日目の模様はこちら



三大急登をひたすら下っていきました。これが結構きつかったです。。。

(6:15燕山荘発-7:05合戦小屋-7:40富士見ベンチ-8:20第三ベンチ-9:05第二ベンチ-9:40第一ベンチ-10:25登山口-11:00有明荘(お風呂)-12:20出発-19:00大阪着)

なんとか無事に帰ることができました。
かなりきつかったですけども、それだけに、感動もひとしおの3日間でした。


ここからは写真集をお楽しみください。
20131119-001.jpg



3回


カテゴリー: 街の風景 2013-11-22 08:30 投稿者:木本 

燕岳~表銀座~大天井岳 2日目

今年も、山好きのお客さまに貴重な有給休暇を取得させられ、
北アルプスの燕岳~表銀座~大天井岳へいくことに。


二日目は、表銀座を通り、大天井岳を目指しました。


一日目の模様はこちら


【大天井岳(おてんしょうだけ)】
飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,922 mの山。長野県の大町市・安曇野市・松本市に
またがる常念山脈の最高峰。
大糸線有明駅の西15.9 kmに位置し、中房温泉から合戦尾根を経て槍ヶ岳へ登る
表銀座縦走コースと常念山脈との分岐点の山である。


深夜に目が覚め、山荘の外にでてみると、今年も見ることが!
夜空いっぱいにひろがる宝石が瞼の裏にセットされました。

翌朝、起き上がると不安だった足の疲労は少ない様子。
三大急登がかなりきつかったため、ホッとしました。(ゆうべの宝石効果?)


二日目は表銀座から大天井岳へ行き、山荘に戻ってくるルート。荷物も最少で、
(といいますかぼくは手ぶらで)出発。


燕山荘で用意してもらったお弁当をたずさえ、出発。(6:30)
(写真は、朝の燕山荘。)
20131119-01.jpg




13回


カテゴリー: 街の風景 2013-11-19 13:37 投稿者:木本 

燕岳~表銀座~大天井岳 1日目

今年も、山好きのお客さまに貴重な有給休暇を取得させられ、
北アルプスの燕岳~表銀座~大天井岳へいくことに。


【燕岳(つばくろだけ)】
飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,763 mの山。山体すべてが長野県に属する。
日本二百名山及び新日本百名山に選定されている。
常念山脈に属し、北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登り切った稜線上にある。


休みを取らないといけないことが大変だということはもちろん、
費用捻出も大変だという、こちらの言い分には一切耳を貸さず、
どんどん計画だけが進み、断れる状況は完全に過ぎ去り、
当日を迎えてしまいました。


今回は、夜中の12時に大阪へ集合。
やるき満々のメンバー3名と、今回もテンションの低めでスタートのぼく。
総勢4名で大阪を出発。一路車で夜通し燕岳を目指し走ります。


移動中は交代で運転するも、テンションが高くほとんど寝ずに登山口まできました。
そして、大阪から出て約5時間、登山口につきスタート。(出発 7:20)

null



2回


カテゴリー: 街の風景 2013-11-15 16:21 投稿者:木本 

瀬戸内国際芸術祭2013“夏” :  高松港 『アート工房-ベンガル島-』

先日、営業で高松へ訪問。
ちょうど、瀬戸内国際芸術祭2013“夏”が開催されていました。

瀬戸内国際芸術祭2013は春・夏・秋と季節開催しています。


夏季の開催期間は7月20日(土) ~ 9月1日(日)。
小豆島や豊島、男木島、女木島など
瀬戸内海の「備讃瀬戸(びさんせと)」と呼ばれる地域と高松港、宇野港に会場があります。


高松港に立ち寄ってみました。ここでは、
「バングラデシュ・プロジェクト」の一つとして『アート工房-ベンガル島-』が開催。
このプロジェクトは、「明るくカラフルでアートが生活に根付いたバングラデシュを表現したい!」
と企画され、バングラデシュから100人以上の職人やダンサー、アーティストが参加しています。
バングラデシュの首都ダッカの雰囲気を味わってきました。
ちなみにバングラデシュとはベンガル語で「ベンガル人の国」という意味の国名だそうです。

ベンガル島ラッピングバス!(すこし興奮しました。。。)
null



5回


カテゴリー: 街の風景 2013-08-09 10:41 投稿者:木本 

バスラッピング:楽しまんと!はた博

先日、営業で高知県へ。ふと気になるラッピングのバスを発見。
お客様にうかがってみると、7月からイベントがあるとのこと。


高知県の西南部、四万十川、足摺岬を「幡多(はた)地域」といいます。
平成25年7月1日から12月31日まで 『楽しまんと!はた博』が開催。

コンセプトは、

『ここでしか』、『その時でしか』、体感することができない『本物の魅力』を提供すること。

なんだそうです。これは、たのしそう。


バス出入り口付近から見えるラッピングが気になり、7月1日(月)から、、、
null




なんだろう?っとよく見てみると、『楽しまんと!はた博』
null




先日、日本経済新聞の『NKKEIプラスワン なんでもランキング』に、

【 土佐の清水さば漁師漬け 】がランクインされていたのもあり、思いっきり、釣り上げられました。


この機会に、四万十の大自然と、絶品の海の幸を味わってみてはいかがでしょうか。
(カツオの塩タタキ、うまいんです。本気度がちがう。)

『楽しまんと!はた博』



本日も最後までお読みくださりありがとうございます。



3回


カテゴリー: 街の風景 2013-07-08 14:07 投稿者:木本