このページはHome街の架け橋過去の記事2013年11月のページです。

フィード購読
街の架け橋

『ご縁でつないで:株式会社 山本合金製作所 魔鏡鏡師 山本晃久さま』

【このたびは、京都市で神鏡や神仏具を手掛ける山本合金製作所 魔鏡鏡師の山本晃久さまに
お話しをうかがいました。】



-お名刺には“鏡師”と?

山本さま:八咫鏡(やたのかがみ)で知られる“神鏡”を作っており神社に納めております。



-一般に見る機会はないですか?

山本さま:そうとも限りませんが、美術品として“和鏡”もあります。



-美術品ですか。それはすごいですね!他にいかがでしょうか。

山本さま:“キリシタン魔鏡”というものがあります。



-キリシタン魔鏡!?いったいどういう鏡なのでしょうか。

山本さま:鏡面に強い光を当て、反射の光を白壁へ向け投影する鏡です。



-それを魔鏡と呼ばれるのですか。

山本さま:ええ、隠れキリシタンは信仰のために魔鏡を使っていたそうです。
反射した影がキリスト像になるように。




-信者とわからないようになのですね。

山本さま:実は魔鏡技術は途絶えたのですが、私の祖父が復元に成功し、
平成二年にはローマ法王へ献上しました。




-復元ですか!しかも献上!?

20131116-01.jpg
≪こちらは和鏡です。≫



37回


カテゴリー: ご縁でつなぐ 2013-11-16 16:13 投稿者:木本