このページはHome街の架け橋過去の記事2013年03月のページです。

フィード購読
街の架け橋

『バスツアー:静岡県富士山最終日』

2月23日(土)~25日(月)弊社のお得意様であります、伊予鉄道様主催の
バスツアーに参加しました。

伊予鉄道様の社員さんとぼくたちのようなメーカーとの親睦を兼ねたツアーになります。

行先は静岡県日本平。

23日(土)夜。
愛媛県の東予港からフェリーで大阪南港へ貸切バスとともに大阪へ向けて出港。

24日(日)早朝。
大阪南港に着岸。名神高速道路~新名神高速道路~新東名高速道路と駆けていき、
日本平に入り、富士山を満喫。久能山東照宮にて家康公をお参り。

夜は、お楽しみの温泉~宴会~カラオケのコンボ。
夜は、早々に就寝しました。松山から日本平までの距離はけっこうあるため、
すこしおつかれモードでした。。。

25日(月)
ひとっ風呂浴びてから、朝食をいただき、二日目の観光がスタートしました。

まず、豊川稲荷神社にて参拝。
20130325-1.jpg

23回


カテゴリー: 街の風景 2013-03-29 09:00 投稿者:木本 

『バスツアー:静岡県富士山』

2月23日(土)~25日(月)弊社のお得意様であります、伊予鉄道様主催の
バスツアーに参加しました。

伊予鉄道様の社員さんとぼくたちのようなメーカーとの親睦を兼ねたツアーになります。

行先は静岡県日本平。

23日(土)夜。
愛媛県の東予港からフェリーで大阪南港へ貸切バスとともに大阪へ向けて出港。

24日(日)早朝。
大阪南港に着岸。静岡県日本平を目指して、ずんずん走っていきました。
名神高速道路~新名神高速道路~新東名高速道路と駆けていき、日本平に入りました。
20130315-1.jpg

静岡県といえば、やはり富士山。バスから見えるたびにみんな大興奮。
富士山。雄大です。
20130315-2.jpg



41回


カテゴリー: 街の風景 2013-03-22 09:00 投稿者:木本 

『バスツアー:島根県出雲 最終』

2月9日(土)10日(日)弊社のお得意様であります、高知県交通様主催の
バスツアーに参加しました。

高知県交通様の社員さんとぼくたちのようなメーカーとの親睦を兼ねたツアーになります。

行先は島根県出雲。
高知から出発するため、大阪のぼくは途中の岡山県のJR早島駅からの参加でした。

岡山自動車道~中国道~米子自動車道を抜けて宍道湖を見ながら、出雲市に入りました。

出雲市に入ってからは、木綿街道の散策と一畑薬師を参拝し、

ホテル玉泉にて宿泊。


あったかい温泉に浸かり、宴会では日本海で採れた海の幸、他にも山、湖の幸を楽しませていただきました。
宴会でのカラオケを熱唱したのち、ロビーにて安来節の公演をみさせていただきました。

きれいなおねえさん(?)たちの踊り。
20130312-rimg1631.jpg

20130312-rimg1637.jpg



31回


カテゴリー: 街の風景 2013-03-15 09:00 投稿者:木本 

『バスツアー:島根県出雲』

2月9日(土)10日(日)弊社のお得意様であります、高知県交通様主催の
バスツアーに参加しました。

高知県交通様の社員さんとぼくたちのようなメーカーとの親睦を兼ねたツアーになります。

行先は島根県出雲。
高知から出発するため、大阪のぼくは途中にある岡山県のJR早島駅から参加でした。

早島駅で拾ってもらい、出雲を目指して、岡山自動車道~中国道~米子自動車道経由し、
宍道湖を見ながら、出雲市に入りました。

最初の観光地は、出雲市平田地区の木綿街道を散策。
20130306-rimg1615.jpg



16回


カテゴリー: 街の風景 2013-03-08 09:00 投稿者:木本 

『書籍レビュー シリーズ「企画」 第11回:聞く力』

聞く力 12.01.20 阿川 佐和子 著

【はじめに】
昨年初めに「企画」について興味をもち、企画のことについて本を読み漁りました。
わたし自身は営業担当で、「企画」とはあまり関係のないポジションなのだとの認識でした。
けれども読んでいくうちに企画と営業は密接に係わっているのではないかと
考えるようになりました。
書籍レビューを通じて共通しているところ、していないところは何か。
営業のノウハウを企画ノウハウに置き換えることができないか。また、
実際の仕事や生活にどのように役立てられるかを考え、実践するべく
『書籍レビュー シリーズ「企画」』を企画いたしました。


シリーズ「企画」 第11回目は、

聞く力 12.01.20 阿川 佐和子 著



著者阿川佐和子さんの20年間で900回以上にものぼる対談から、聞く力のエッセンスが
つづられた著書になります。




38回


カテゴリー: 書籍 2013-03-01 09:00 投稿者:木本