このページはHome街の架け橋過去の記事2012年11月のページです。

フィード購読
街の架け橋

『書籍レビュー シリーズ「企画」 第5回:企画力』

企画力 04.03.11 ダイヤモンド社 田坂 広志 著

【はじめに】
今年初めに「企画」について興味をもち、企画のことについて本を読み漁りました。
わたし自身は営業担当で、「企画」とはあまり関係のないポジションなのだとの認識でした。
けれども読んでいくうちに企画と営業は密接に係わっているのではないかと
考えるようになりました。
書籍レビューを通じて共通しているところ、していないところは何か。
営業のノウハウを企画ノウハウに置き換えることができないか。また、
実際の仕事や生活にどのように役立てられるかを考え、実践するべく
『書籍レビュー シリーズ「企画」』を企画いたしました。


シリーズ「企画」 第5回目は、

企画力 04.03.11 ダイヤモンド社 田坂 広志 著


『企画力とはなにか』という問いから始まり、
『企画を実現する力』という答えに惹かれました。

これまでのシリーズ「企画」で紹介した著書のなかから、
① 面白いことをストックし、人に会うことで刺激を受け、ストックの組み合わせから、
独創性のあるアイデアを生み出す。

② アイデアという骨組みから肉付けし、企画にして提案し、共感を得て、幹事役を務める。

大きくこの2点を学びました。

これらは何のためかといいますと、

【企画したことを実現するため】

         であります。

この著書には企画したことを実現するための心得が書かれてありました。

① 企画を実現するためには『人間と組織を動かす』ことが必要であり、その動かす力は
企画の出し手から受け手に、『企み』が伝わることから始まる。

② 受け手に『企み』が伝わり、ぜひやってみたいと、実現へ向けて関わる方々とともに
動く。最終目的は『実現』するとともに、関わった人々と深い『縁』を結ぶこと。

『企画』とは実現することが重要で、結果として関わる方々との『ご縁』を深めていくことに
よって、よりよい社会への実現の可能性があるのではないかと考えました。

よりよい社会への実現を意識して、
『企み』、『実行』、『実現』、『ご縁』をキーワードに企画実現してまいります。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

20121129-514fdyhg39l__sl160_.jpg

56回


カテゴリー: 書籍 2012-11-30 09:00 投稿者:木本 

『ご縁でつなぐ:株式会社立成化学工業所 代表取締役 畠中 浩さま』

『株式会社立成化学工業所 代表取締役 畠中 浩さま』

前回のブログに掲載しました株式会社レーザーテック 浜野社長さまからのご縁で
お伺いした株式会社立成化学工業所 畠中社長さま訪問記です。

畠中社長は弊社発行ニュースレター、企業取材の第2回目にご登場いただきました。

立成化学工業所さまは、ウレタンゴム製造加工に特化し、手のひらにのっかるサイズに
こだわった製品づくりをされておられます。


『ごめんくださ~い』と、工場の中へ入りますと、熱烈歓迎の案内が!
20121120-01rk.jpg


出迎えてくださった社長の畠中さんとパチリ。
20121120-02rk.jpg


銀行のATM機や自動販売機、プリンターの駆動系部品によく使われています。
(ウレタン素材流し込み中)
20121120-03rk.jpg

20121120-04rk.jpg


【小ロット多品種製造】
メーカーの純正部品などで、製造されていない部品であってもお客様の要望があれば
対応しています。

【検査データ】
製造から研磨仕上げまで工場一貫作業。そのことが検査データを添付する納品を
可能としお客様への安心を提供しています。

【3S活動】(整理、整頓、清掃)
前回ご紹介しましたレーザーテックさま同様、徹底した3S活動で安全・快適・効率的な
職場づくり。お客様の突然の来訪にも自信をもってご案内しています。

以上3点の特徴でお客様のニーズに合った対応が強みとなっています。
(豊富な商品群)
20121120-05rk.jpg



畠中社長とは異業種交流会 王将クラブの仲間でもあります。
王将クラブとは、『餃子の王将』が好きな経営者たちが集まる、知的(?)な会です。
餃子とビールでおたがいの会社や業界の将来を語り合う、、、ようなことは一切なく
たのしく飲んで食べて、おもしろい話しを共有しています。それが縁で仕事につながる
ことも稀にある?とにかく、ゆかいでいつも笑わせてもらっています。

畠中社長は王将クラブの中でアイドル的存在。今年7月に行われた王将クラブin神戸。
畠中社長の誕生日だったこともあり、なんと40名ものクラブ生がお祝いに駆けつける。
むさ苦しい中年の男たちがところ狭しとひしめき合う中ケーキではなくギョーザでお祝い。
異様に盛り上がっていました。

そんな異様な盛り上がりをみせるギョーザとビールの異業種交流会ブログ。
『王将クラブのブログ』


「ヒマな業界なのになんでかわからないけれども忙しい!」と言われる畠中社長、
いつまでもアイドルでいてくださいね。これからもよろしくお願いします!


畠中社長ブログも、ぜひご覧ください。
『ウレタン屋のつぶやき』
『二代目社長の挑戦』

今回お邪魔した『株式会社立成化学工業所 代表取締役 畠中 浩さま』
住所:兵庫県神戸市西区玉津町居住244−2
電話:078-927-5112

【ご縁でつなぐバックナンバー】ご縁でつなぐ企業さま訪問記。

第1回『ロク治療室 代表 小林亨さま』
第2回『化研マテリアル株式会社 坂本 尚也さま』
第3回『『京の香り 徳泉堂 北西恒忠さま』
第4回『株式会社レーザーテック 代表取締役 浜野太郎さま』

32回


カテゴリー: ご縁でつなぐ 2012-11-23 09:00 投稿者:木本 

『ご縁でつなぐ:株式会社レーザーテック 代表取締役 浜野太郎さま』

『株式会社レーザーテック 代表取締役 浜野太郎さま』

とある講演会で友人に紹介され、以来親しくおつきあいいただいております
株式会社レーザーテック 浜野社長さま訪問記です。

浜野社長は弊社発行ニュースレター、企業取材の第1回目にご登場いただきました。


(株)レーザーテックさまは、ステンレス材を専門としたレーザー加工、切断、
クリーンカットをしておられます。

社長の浜野さんが出迎えてくださいました。
20121113-01rt.jpg
ステンレス材をレーザー加工機によって、加工や切断のほか文字を彫ったりします。

(設定中)
20121113-02rt.jpg

(切断中)
20121113-03rt.jpg

金型製作をするところまでいかないロット数や急ぎの対応が必要なるお客さまから広く
支持されておられます。

支持されている最大の理由は、【スピード】です。

受注後、業界最速の納品。それを可能にしているのは、

・最新レーザー加工機設置
・朝礼、昼礼、終礼
・3S活動

以上3点が上げられます。

① 最新レーザー加工機の特徴である加工速度を最大限に活用。

② 朝礼、昼礼、終礼による情報共有。1日3回のチェック機会により徹底した
情報共有とともに、ミスらしいミスがなくなる。

③ 3S活動(整理、整頓、清掃)により安全・快適・効率的な職場づくりをすること。
この活動により無駄のない作業が可能となり、スピード対応の大きな要因となる。


これらがベースとなり、スピードを強みとした経営をされています。

(朝礼時の打ち合わせ模様)
20121113-04rt.jpg

(サンプル品)
20121113-05rt.jpg


日々経営に勤しむ傍ら、経営者が集う勉強会、大阪北区倫理法人会の会長を務め
週一度の経営者モーニングセミナーの世話役をしておられます。

『大阪倫理法人会ホームページ』


また異業種交流会 王将クラブを会長として主催。
王将クラブとは、『餃子の王将』が好きな経営者たちが集まる、知的(?)な会です。
餃子とビールでおたがいの会社や業界の将来を語り合う、、、ようなことは一切なく
たのしく飲んで食べて、おもしろい話しを共有しています。それが縁で仕事につながる
ことも稀にある?とにかく、ゆかいでいつも笑わせてもらっています。

『王将クラブのブログ』

経営者、世話役、餃子とさまざまな顔をもつ浜野社長。これからもよろしくお願いします!
20121113-06rt.jpg

浜野社長ブログも、ぜひご覧ください。
『ステンレスクリーンカットのレーザーテック』

今回お邪魔した『株式会社レーザーテック 代表取締役 浜野太郎さま』
住所:大阪市西淀川区百島1-3-94
電話:06-6471-8442

【ご縁でつなぐバックナンバー】ご縁でつなぐ企業さま訪問記。

第1回『ロク治療室 代表 小林亨さま』
第2回『化研マテリアル株式会社 坂本 尚也さま』
第3回『『京の香り 徳泉堂 北西恒忠さま』

37回


カテゴリー: ご縁でつなぐ 2012-11-16 09:00 投稿者:木本 

『書籍レビュー シリーズ「企画」 第4回:逆転の発想』

逆転の発想 83.05.30 角川書店 糸川英夫 著(リンクは新装版)

【はじめに】
今年初めに「企画」について興味をもち、企画のことについて本を読み漁りました。
わたし自身は営業担当で、「企画」とはあまり関係のないポジションなのだとの認識でした。
けれども読んでいくうちに企画と営業は密接に係わっているのではないかと
考えるようになりました。
書籍レビューを通じて共通しているところ、していないところは何か。
営業のノウハウを企画ノウハウに置き換えることができないか。また、
実際の仕事や生活にどのように役立てられるかを考え、実践するべく
『書籍レビュー シリーズ「企画」』を企画いたしました。


シリーズ「企画」 第4回目は、


逆転の発想 83.05.30 角川書店 糸川英夫 著(リンクは新装版)


企画の前段階として発想法を学ぶことを目的として選びました。
糸川英夫博士は、工学者で戦前は九七式戦闘機、一式戦闘機 隼、二式単座戦闘機 鍾馗の
設計開発に携わり、戦後は宇宙開発の中心となるロケット開発、研究をされていました。


研究者としての業績もさることながら、プライベートにおいても、バレエやチェロ演奏をプロ並みにこなし、バイオリンそのものを研究題材にし実際に45年かけて製作、
演奏会まで開いたというスーパーマルチな博士です。

その糸川博士の頭の中はどうなっているのだろうと興味しんしん。一気に読みました。


発想法に興味をもって読みはじめるも、最初はリーダーシップ論。
「ん?発想法とリーダーシップと関係あるの?あるとしても優先順位が高いの?」
という疑問からのスタートでした。


しかし、発想から現実化に至るには“企画”が必要。企画は一人でできるものではなく、
多数の人間の関わりや協力のもとで“実行”し現実化していきます。多くの人の中で
進めていくためには、仕切る人間がいないと進めることができません。


ということは、いくら発想していても“企画”し“実行”がなければ現実化することはない。
ゆえに企画を現実化するための実行を仕切る人間の資質が重要なのだと考えました。


それでは、どのような資質が重要なのか?それは、、、


【幹事役】なのだそうです。


幹事役って、こなしたところでそんな評価されないし、かといってうまくいかなければ、まわりに怒られるしで、大変なわりに割を食うというイメージ。
実際に自分が幹事役をしたときもそのような感じでした。


しかし、幹事役がいなければなんにもできません。宴会をしたくても取り仕切る人が
いなければ会を開くことすらできないのです。
よくよく考えてみると、とても重要な役割なのだと気づかされました。


幹事役は参加メンバーに命令することはできません。
なぜなら、メンバーは命令を受け入れなくてもよいからです。
嫌であれば宴会に参加しなければいいだけこと。


では、幹事役はどうやって、参加メンバーに命令せずに動かすことができるのか。
それはメンバーそれぞれが別個の動機によってしか動かすことができないことを理解すること。
そのうえで相手の動機を企画実行する方向へ向けて進めること。


そういえば遠い過去、会ったことのない男女数名ずつが集まり、
おしゃれなお店でお酒をたしなむ会、ひらたくいえば、【コンパ】というものに
参加したとき、幹事役の言うことを聴いていたことを思い出しました。
ぼくだけではなく、参加メンバー全員、幹事役の言うことは聴いていました。


ではなぜ、参加メンバーは幹事役の言うことを聴いたのだろうか?


それは、ズバリ!彼女、彼氏が欲しいから。または結婚相手を探しているから。
ちょっと違う動機の方もいるかもしれませんけども。。。


ひとつ言えることは、それぞれが別個の動機をもっており、それを満たしてくれる場を提供し、
方向を指し示してくれるからこそ幹事役の言うことを聞くのではないでしょうか。

なぜなら幹事役がいなければ、会ったことのない男女が数名ずつが集まり・・・
ひらたくいえば、【コンパ】すら開かれることはないのですから!


これからの時代は所属長からの意志や命令で動かすリーダーではなく、
所属しているメンバーそれぞれの動機を察知し場を提供し利害調整ができる人物の存在が
重要なのだと理解しました。


それでは、優秀な幹事役になるにはどうすればよいか。


糸川博士は、『ハウ・アー・ユー?』『メイ・アイ・ヘルプ・ユー?』の精神が必要だと
説いています。


『ハウ・アー・ユー?』 直訳:あなたは今、いかなる状態にあるや
自分が行動する前に、まず相手の状態を聴くことからスタートさせる。

ぼく自身、相手の状態を確認せずにこちらの言いたいことから言っていることが多いなと
思いました。。。


『メイ・アイ・ヘルプ・ユー?』 直訳:私はあなたに何か手伝えることがないでしょうか。

自分はだれかほかの人に役に立つことがあるのではないかという発想。
その発想こそ人類が集団として生きていくうえで、また生活の向上や発展に必要なのでは
ないかと考えました。


この著書から、リーダーではなく、幹事役を目指すこと。そして良き幹事役になるために
ハウ・アー・ユー?で相手の状態をうかがい、メイ・アイ・ヘルプ・ユー?で相手に何か
できることはないかという発想を学びました。
これから“実行”してまいります。


本日もここまでお読みくださり、ありがとうございます。

20130302-_______________.jpg



25回


カテゴリー: 書籍 2012-11-09 09:00 投稿者:木本 

『書籍レビュー シリーズ「企画」 第3回:企画の教科書2』

企画脳の教科書2 07.06.20 NHK出版 おちまさと 著

【はじめに】
今年初めに「企画」について興味をもち、企画のことについて本を読み漁りました。
わたし自身は営業担当で、「企画」とはあまり関係のないポジションなのだとの認識でした。
けれども読んでいくうちに企画と営業は密接に係わっているのではないかと
考えるようになりました。
書籍レビューを通じて共通しているところ、していないところは何か。
営業のノウハウを企画ノウハウに置き換えることができないか。また、
実際の仕事や生活にどのように役立てられるかを考え、実践するべく
『書籍レビュー シリーズ「企画」』を企画いたしました。


シリーズ「企画」 第3回目は、

企画脳の教科書2 07.06.20 NHK出版 おちまさと 著


『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』などの企画構成にたずさわり、
『24人の加藤あい』『藤原紀香の1ボトル』などをプロデュースされている、
「おちまさと」さんの著作を選びました。

書店で、固い内容が多いNHK出版コーナーで、おもしろいイラストの帯が目につき
購入しました。

この著書は「企画脳の教科書」の続編になります。


前回は、企画の骨格から世に問うまでの流れを学びました。
続編は、企画のさらに深いところをまとめておられます。


『企画を火山に例えよう、と。そして、何度も何度も噴火しよう、と。』著者は提案。

何度も何度もということは、1回こっきりで終わりなのではなく、次も求められるということ。

『目指すところは、多くの人に期待されつつ、何度も何度も噴火させることである。』

単発でも大変なところへ連発なんて、とてもとても、しり込みしてしまいます。
しかし、企画とは湧き出るものであり、うっかりと忘れてしまっている記憶を掘り起こして
結合させればよいのだそうです。では、どのように掘り起こせばいいのでしょうか。


まずは、人。とにかく強制的に人に会うこと。相手との会話の中から刺激され
「うっかりと企画」がでてくるかもしれません。
また、相手の世界観に飛びこむことで、より深い刺激を得られ「うっかりと企画」が
誘発させることになるのではないかと。


そして、運。流れのいい運がきているときは、誰かが自分のことを意識してくれている。どのジャンルの人が向いていてくれるのか、感度を鋭くし、さらなる運を引き込む。
また運の流れを大きく感じたときはチャンス。時流というウェーブがきています。
このウェーブに乗ることができれば、時代の寵児になれるかもしれません。


企画発想の手法など読みましたけども、つまるところは『人』なんだなと考えました。


うっかり企画がでてくるのも『人』から刺激を受けたときや相手の世界観が見えたとき。
運を引き込むのも、やはり『人』づて。自分の力以外に、まわりの力も相まって運の流れが
大きくなり、自分のキャパシティーを超えた大きな仕事ができるようになるのではないでしょうか。
さらには時流というウェーブまで巻き起こすことがあるのかもしれません。


この著書からは、

『人に会いまくる、さすれば時代の寵児に。(なれるかも)』

という教訓を学びました。

さ、じゃんじゃん会お。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

20130302-_____________________.jpg


22回


カテゴリー: 書籍 2012-11-02 09:00 投稿者:木本