このページはHome街の架け橋過去の記事2012年08月のページです。

フィード購読
街の架け橋

『書籍レビュー:うらおもて人生録』

うらおもて人生録  88.11.25 中央公論社 色川 武大著

別名、雀聖:阿佐田哲也。『麻雀放浪記』の著者で、こちらの名前のほうが、
馴染みのある方が多いのではないでしょうか。

この本は色川武大として、生きていくうえで必要な技術とセオリーが、
語られています。

著者の幼年期から、ばくち打ち時代、作家活動と自身の人生ふりかえりながら、
生きていくための原理や原則をこれから社会に出る若い世代向けに、
わかりやすく説明。

中でも肝となる原理原則は、フォーム(型)を整えること。
勝負事は一回かぎりで終わりではなく、ずっと続く。
その道で長く続けるためにはフォームを整えなければならない。
このことはばくちであっても、野球であっても、作家であっても共通し、
人生においても同じことがいえると説いています。
またフォームとは、『これだけ守っていればなんとか生きていかれるもの』
と定義されています。

フォームを整えた上で、気をつけることは勝ちすぎないこと。
相撲に例えると9勝6敗を狙う。現在全勝していても、この先ずうっと、
勝ち続けることができるかどうかはわからない。
勝ちすぎると過信からフォームが崩れ、一転して負けが込みだし自信も崩れ、
そこから立ち直れなくなってしまうことがある。

ゆえに負けることもフォームに組み込んでおく。なぜなら目的はその一瞬の間、
勝つことではなくその道で長く続けることだから。

逆にいうと、負けてもいいラインを自分自身で理解すること。例えば交渉事において、
最終の目的を達成するために、相手にゆずれるところはゆずっておくことが
重要なのではないでしょうか。
過信して勝ちすぎるとあとで手痛いしっぺ返しがくる。
力ずくで抑え込んで得た勝利は、あとで必ず力ずくで抑え込まれる。

わたしの前の上司がまさに9勝6敗を地で行くタイプでした。細く長く、
じっくりと時間をかけてお客さまとの関係を築いていく。
交渉事も一見、相手にゆずりすぎなのではないかと思えても、終わってみれば
こちらに利があるよう、うまく収まっているケースばかり。
振り返ってみると、次の交渉にも生かせるよう、その時の交渉を布石にしているようでした。

社内はもちろんのこと、お客さまからも、さらにはライバル会社からも、
悪く言われることがありませんでした。
勝ちすぎず、負けをつくり、敵をつくらないようにしながら、最終的には、
9勝6敗の勝ち越し。
退職されて10年になりますが、いまだやんわりと存在感を示しておられます。

その道で長く続けるために、フォームを整え、勝ちすぎないよう勝ち越すこと。

それでは、フォームとはどのようにして作ればよいのでしょうか。
そればかりは、自分で考えて覚っていくしかないと著者は語られています。

『自分の過去をふりかえり、うまくいったパターンとうまくいかなかったパターンを書き出し、
それぞれのパターンを認識してフォームを整えていく。』
わたしはそのように考えました。


その他にも
≪運の考え方や自分を客観的に眺めること≫
など人生に必要な原理原則を頭で理解するというより、体に染み込むように書かれています。

これから社会に出る若い世代の方たちにぜひとも読んでもらいたい1冊です。
わたしも中学生の時に読んでおきたかったです。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

32回


カテゴリー: 書籍 2012-08-31 09:00 投稿者:木本 

レベニューマネジメントとは

【バスニュース】
路線バス会社の収益の軸となっている高速路線バス事業。
その事業に規制緩和の流れから参入著しい高速ツアーバス会社。

高速バスの歴史を振り返りながら、戦略や乗車サービスなど変化について
レポートします。


レベニューマネジメントとは、主にホテル業や航空業で行われている手法で
収益を最大化(最適化)するためのビジネス戦略。

最適な在庫を最適なお客さまに最適な時に最適な料金で販売することと定義されています。


例えばホテル業の場合、過去の宿泊集計データから年月日ごとに需要数を予測。
需要が多い日は価格を高く、少ない日は価格を低く設定し、
長期的な取り組みにより最適な利益を確保します。

顧客に対しては価格の理由が伝わることで、
納得していただきやすく、また、支持していただきやすくなります。


さらには、六曜(大安、仏滅)や
行楽イベント(人気アーティストのコンサート開催日)、
季節イベント(桜の開花時期)などを加味して販売価格を細かくコントロールします。

そうすることで、顧客の細かい動向まで知ることが可能となり、
以後のマネジメントがより正確に行うことができます。


この手法は、高速バス事業においても有効です。

夜行便の平日発は席が残りやすく、金曜発は完売しやすい。
仮に大阪―東京間の運賃1万円とすれば、
平日発1万円」と「金曜日発1万円」とでは、明らかに価値が異なってきます。

レベニューマネジメントを活用することにより、売れる金曜日の運賃を上げ、
売れ残りやすい平日を安く設定することで、繁忙日にしっかりと収益を確保し、
閑散日には需要喚起に思いきった価格設定が可能となります。


高速ツアーバスを成長に導いた主たる要因として
前回のバスニュースでお伝えした【ウェブマーケティング】と
今回のバスニュースでお伝えした【レベニューマネジメント】、この2点があげられます。


31回


カテゴリー: バスニュース 2012-08-24 09:00 投稿者:木本 

『書籍レビュー:ネコはどうしてわがままか』

ネコはどうしてわがままか 08.06.01 新潮文庫 日高敏隆 著

著者は京都大学の名誉教授で動物行動学者の第一人者。動物の行動に
関する研究著書を多数出版されています。

この本はその動物たちの行動特性をユーモアたっぷりなエッセイとして
綴られています。

登場する動物は、タイトルにもなっているネコ以外にも蜂やウグイス、
ドジョウ、セミ、ヤモリ、オオカミなど多岐にわたっています。

ネコはどうしてわがままかは勿論、さまざまな動物の不思議と魅力を、
縦横に語っています。

読んでいて驚いたのが、どんな動物でも生存するための戦略を
持っていること。
最大の目的は種の継続。

カエルのオスが『ゲロゲ~ロ』と鳴くのはメスの関心をひくため。
オスは自分の子孫を残そうと、求愛のためにうつくしく(?)鳴きます。
しかし、そのうつくしい鳴き声に反応するのは、メスばかりではありません。

それはカエルの最大の天敵『ヘビ』
メスガエルへの求愛はヘビに自分の居場所を教えるのと同じようなもの。

リスクをともなうも種の継続のために鳴くオスガエル。
鳴き声から居場所を察知して忍び寄るヘビ。

メスガエルはおそろしい天敵を避けつつ、うつくしい鳴き声の主を探します。
それぞれに生存戦略とかけひきがあり、とてもスリリングな世界。

カエルに限らず、あらゆる動物や生物は生存戦略を持っており、
実行時には外敵に対するリスクがともないます。

そこでリスクについて考えてみました。あらゆるリスクの中で、
一番のリスクは何でしょうか。

それは『なにもしない』こと。

カエルは外敵へのリスクを冒さずに鳴くことをしなければ、種の継続はありえません。
途絶えてしまいます。

人間社会も同様で何もしなければ、種は途絶えます。
また、企業にしても同じではないでしょうか。

わたしはこのカエルから、生存するための戦略の必要性と、リスクを恐れず、
行動することの重要性を学びました。

今日明日どうなるかわからないながらも、自分自身の種を残し、子孫継続するために、
リスクを背負って鳴くオスガエルがうつくしくみえます。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

98回


カテゴリー: 書籍 2012-08-10 09:00 投稿者:木本 

ウェブマーケティングとは

【バスニュース】
路線バス会社の収益の軸となっている高速路線バス事業。
その事業に規制緩和の流れから参入著しい高速ツアーバス会社。

高速バスの歴史を振り返りながら、戦略や乗車サービスなど変化について
レポートします。


ウェブマーケティングは、
集客・広告、販売、顧客管理といったマーケティング活動を
インターネットを通じて行えるのが最大の特徴です。

1. 集客・広告
従来の広告は新聞紙面や雑誌、ポスターなどに掲載するため
広告費はもちろん印刷費、管理費などがかかります。
ウェブ上においては、ホームページ(HP)作成費以外の印刷費や
管理費などをほとんどかけずに極めてローコストで広告することが可能となりました。

別の特徴として、『検索機能』が上げられます。
例えば、グーグルやヤフーなどの検索エンジンで「高速バス 東京」を検索した時
自社を上位に表示させることで、「東京発着の高速バス」に興味のあるユーザーを
HPへ優先的に誘導することが可能です。


2. 販売
HPで確認し、選択決定ならば、即決済する。
HP上で決済できる利便性はウェブマーケティングそのものが発展した理由であり、
ひいては高速ツアーバスの発展した理由でもあります。


3. 顧客管理
メルマガ、HP、ブログなど親しみのある雰囲気づくりで、
“ファン”(顧客)をつくることができます。
そのファンがリピーターになり、また他者に口コミするスピーカーとなり、
あらたなファンを創造するという循環をつくりやすいことも
ウェブマーケティングにおける顧客管理の特徴として挙げられます。

現在利用されていない、「将来の顧客フォロー」にも高い効果を発揮します。
またHP上でアンケートをとり、お客様の声からあらたなサービス、商品を
提案することにも活用されています。


以上3点がウェブマーケティングの特徴です。
高速ツアーバスにおいても、これらを最大限に活用して
ウェブを介した利用者を伸ばしていきました。


次回は、ウェブマーケティング同様に重要な≪レベニューマネジメント≫へつづきます。


55回


カテゴリー: バスニュース 2012-08-03 09:00 投稿者:木本